【初心者必見】超高勝率!!MFI×CCIで超簡単な裁量手法【バイナリーオプション】

こんにちは!筋トレトレーダーの大虎です。

今回は、MFICCIを使った「裁量手法」をお伝えしていきます。

MFIは、あんまり聞き慣れないインジケーターだと思いますが、実はプロトレーダーの中では結構使われる事が多いものになりますので、早速解説します。

その前に、僕のLINE@に登録に必ず登録をして下さい。

有料級の最新情報を常にLINE@登録者限定に配信中!!

友だち追加
目次

YouTube動画

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

この手法で必要なインジケーター

この手法に必要なインジケーターは、

① MFI

② CCI

この2つになります。

MFIとは?

MFI(Money Flow Index マネー・フロー・インデックス)とは、相場の中での資金が買い、売りどちらの方向に流れているのかを株価と出来高か ら判断するための指標。


RSIと似た特徴を持っていますが、RSIは株価の変動幅のみを使っている指標であるのに対し、MFIは値幅だけでなく出来高も考慮されています。

また数値は0~100%で推移し20%以下は売られすぎの買いサイン、80%以上は買われすぎの売りサインとなります。

① MFIの設定

まずはMFIの設定からしていきましょう。

【挿入】→【インジケーター】→【ボリューム】を選択して頂き【MFI】

とボリンジャーバンドを選択をして頂き、

パラメーター:デフォルトのまま

レベル表示:25と75

MFIの設定完了画面

CCIとは?

CCI(Commodity Channel Index)とはFXやバイナリーオプションのテクニカル分析に使用するインジケーターの1つ。

CCIは買われすぎ・売られすぎを表すオシレーター系のインジケーターなのですが、下限と上限の数値が決まっていません。

つまり-100未満や100以上になることも多々あります。

② CCIの設定画面

次に、CCIの期間は パラメーターはデフォルトのままで、レベル表示だけ120と-120に変更して下さい。

【挿入】→【インジケーター】→【オシレーター】→【CCI】

パラメーター:デフォルトのまま

レベル表示:120と-120

CCIの設定完了画面

裁量トレード手法解説

今回この手法を使うにあたって条件が2つあります!

Lowエントリーの場合

ルール1: MFIが75以上である事

ルール2:その時に、CCIが120以上であること

ルール3: 次の足でlowエントリー

Highエントリーの場合

ルール1: MFIが25以下である事

ルール2:その時に、CCIが-120以下であること

ルール3:その次の足でHighエントリー

まとめ

今回の手法というのはかなり高勝率でありながら、エントリーポイントが沢山ありますので是非実践してみて下さい。

今回のこちらの手法のことで何かわからないこととか、実際にチャートを見ていてこういったエントリーでどうなんだろう??ってわからない事があればお気軽にLINEにメッセージ下さい。

友だち追加
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる